【バック・アロウ】9話。ゼツ凱帝陛下が強すぎた‼


バックアロウ』(英題:BACK ARROW)は、スタジオヴォルン制作による日本のテレビアニメ作品。2021年1月からTOKYO MXほかにて連続2クールで放送中。 壁に囲まれた世界「リンガリンド」を舞台に、主人公であるバックアロウが失った記憶を取り戻そうと壁の外を目指していくストーリーが描かれる。
27キロバイト (3,356 語) - 2021年3月5日 (金) 21:13


『バック・アロウ9話』Twitterの感想まとめ一覧です




かきざきこういち
@club37_

バック・アロウ9話、ソーラが鳥と間違えてグライダーを撃った件、不自然すぎて何か裏がありそうな気もする。例えば壁の外から何らかの介入があって誤認したとか。

2021-03-06 16:54:01

(出典 @club37_)

ゆん
@34skeleton

『バック・アロウ』9話感想♪爺さん強くてワロタwwwwwwww生身であれかよw

(出典 )

2021-03-06 16:40:38

(出典 @34skeleton)

ぷだ
@animan_puda

#バック・アロウ 9話リュートの姫様の二重人格、ソーラ先生がリュート出身でプラークの兄だったなんてなんであのとき鳥に襲われてるように見えたんやろ凱帝陛下、信念だけであれほど、流石トップ、姫の人格他の人にもバレちゃったなー

2021-03-06 15:57:39

(出典 @animan_puda)

鬼ヘッド
@headdaemon

バック・アロウ9話ゼツ凱帝陛下が見た目と力の差がありすぎる強すぎるだろキング・ブラッドレイ以来の猛者では宣戦布告に対する姫様の啖呵も良かったユフィに何かあった時のコーネリアみたいな激情事態が一気に世界規模で動き出した

2021-03-06 14:47:37

(出典 @headdaemon)

久利 英太
@eita_kuri

『バック・アロウ』9話、小清水さんの上手さが光る回。その勢いに負けない作画も魅力的である。優しさ怖さの切り替わりは凄いね。先生の正体とかゼツ・ダイダンの強さとか盛り沢山ではあるけど、クライマックスへの流れなのか?

2021-03-06 09:22:42

(出典 @eita_kuri)